Sサイト

アクセスカウンタ

zoom RSS 8インチ・ジャックプレート取付…

<<   作成日時 : 2012/09/07 20:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

僕の愛艇「ステーサー400」のエンジンをYAMAHA40馬力からSUZUKI50馬力に(小型船舶検査に申請&走行テストが必要です。)今年載せ替えたのですが…

以前のセッティングのままで50馬力を乗せたので、少しの重量増とパワーアップによる走行中のトップパワーを活かしきれずパワーロスしてたので、この度格安で分けて頂いた精度と耐久性に高評なジャックプレート「スライドマスター8in」を取付て調整してみました!


このスライドマスターは、以前付けていたステーサー400の(標準設定取付品?)セパレート式のジャックプレート「パンサー4in」では調整不可能だったエンジンの高さ位置バランスが、ボルト1本回すだけで簡単に調節出来る優れ物!!
大手レンジャーボート社では標準設定品みたいです。

そして、4inから倍の8inにセットバックした事により、船体から巻き盛り上がった水面をより後方で掴み、水面に近い所をプロペラが水を噛む事でトップスピードがアップすると言われる理屈物。

まあ、重量が10kg程増量してしまうのと、エンジンが後方に4in分下がるので、テコの原理で船体バランスを全て見直す事になって面倒くさかったですが…
とりあえず付けてみました!


ジャックプレートの取付方は時間と工具と100kgオーバーのエンジンをぶら下げられる物があれば簡単!

まず、付いていたジャックプレートのボルトを全部取り、ジャックプレートと船体の隙間に防水目的でコーキングされていたシリコンを綺麗に取っ払う。と同時にジャックプレートも取っ払う。

そして、綺麗にシリコンを排除した船体側のボルト穴にシリコンを注入。

ボルトを差込、シリコンを馴染ませ船体と新たに取り付けるジャックプレートをボルトで固定。

次にエンジンをジャックプレートにボルト固定して… 

はい完成!

チョットコツが必要だったりしますが。
やりだすと意外と簡単。


エンジン高さ等の微調整はシリコンが固まってから水上で調整です。
(水上で調整が簡単に出来るのはスライドマスターの利点)


バッテリー位置も以前の40馬力の時はリアのストレージに3発でしたが、50馬力+スライドマスター8inにした事で浮き姿勢が危険な程後方に下がり過ぎてしまうので、ボートのセンター位置にバッテリーを1発移動させると落ち着きました(^_^;)

本当はリアにバッテリー3発の方がトップスピードはのびるのですが…
荒れた時や不意の後方からの波に危険を感じたのでやめときました( ̄∀ ̄;)


そして、ボートの走りには命的役目をするペラですが、とりあえず今現在のアルミペラ11ダイア17ピッチで様子を見て、ゆく行くはステンペラの11ダイア17ピッチ〜19ピッチ(世に存在するのかな??)を探して、今現在の最高回転数が6,400回転近くまで回り過ぎの回転数を5,800〜6,000回転内までに抑えれるピッチ数のペラ選択しないといけません。


どなたかご存知ならば11ダイアの17〜19ピッチのステンレスプロペラの販売ルート教えて下さい(∋_∈;)
ネットで探しても設定が無いようで見つかりません( ̄○ ̄;)

オーダーメイドの特注品でも知ってる方教えて下さい(・_・;)

そんなこんなで久し振りのブログ更新でした(^_^;)

画像
画像
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
プロペラセッティングできましたか?
オーダーで作れますよ。
かずきち
2013/08/08 11:03
知人からスズキにあわせたマーキュリーレーシング12ダイアの18ピッチをゆずって頂きましたので、取りあえずそれで様子を見ようかと思っているところです。
ありがとう御座います!
また、新しいFC2のブログで様子を書きますね。
s見
2013/08/08 23:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
8インチ・ジャックプレート取付… Sサイト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる